家庭の節電対策 エコ宣言

家庭での節電省エネルギー対策、節電省エネ簡単エコグッズ、節電プレゼントなどご紹介と、節電省エネ対策・グッズの効果アプリ、省エネ節電関連ブログなども連携し、機械が苦手な主婦層等の方々にもわかりやすく解説していきます。

経済産業省 「家庭向け今冬の電力需給対策について」

11月始めに経済産業省で行われたエネルギー・環境会議/電力需給に関する検討会合において取りまとめられた「今冬の電力需給対策について」



今冬に向けての電力需給対策は、家庭向け事業向けがそれぞれ別々にPDFでまとめられて公表されています。

家庭の節電については、関西電力管内では12月19日より、平日の9時から21時に10%以上の節電九州電力管内では同日より平日8時から21時に5%以上の節電目標を設定しています。

その他電力会社の管内では数値目標無しの節電を呼びかける形となっています。


数値目標有の節電が行われる時間帯は、冬季平日の家庭内で特に電力需要が大きくなる時間帯で、企業の電力需要が下がりきらない時間帯でもあり、総電力需要が最も高くなる時間帯です。


その中で家庭の消費電力を特に上げている電化製品3種類で総消費電力の半分ほどになります。
その電気製品はまずエアコン・照明・冷蔵庫で、石油ストーブを使用している家庭では次にテレビとなっています。

特にエアコンは単体で家庭の総消費電力の30%を占めている事は、当ブログを閲覧されている方など、既に多くの方がご存知になっていることだと思います。

これは逆に、エアコンの消費電力を抑えることができれば、家庭の消費電力、又関西九州電力管内にお住まいの方が目標とされている節電数値をシンプルでストレスも抑えてクリアしやすいという事になるのではないでしょうか。


ただ注意したいのは、エアコンの代わりにハロゲンヒーターや電気カーペットなどの電気製品を使用する場合、逆に総消費電力を増やす場合もあるので、それぞれの暖房器具に示されている消費電力から換算しましょう。

消費電力あたりの電気代を計算してくれるサイトもあり、わかりやすいので一度ググッてみてはいかがでしょうか。


経済産業省の家庭向けPDF「今冬の電力需給対策について」には冬場に家庭で節電するための基本的で具体的な対策がパーセンテージ付きで紹介もされています。

冬に向けての節電対策を気にしている家庭の主婦や、女性の方からすればあまりに基本的な方法なのですが、取りこぼしのない様に振り返りチェックするのも良いのではと思います。



最後に、
夏場もありましたが健康や命の安全を脅かすような節電をする必要はありません。
知識とノウハウを持っている人が率先して節電しましょう。

冬場は暖房器具による一酸化炭素中毒などのリスクがありますので、換気を心がけましょうね。

*頭がボーっとしたりだるくなったり、又石油ストーブなどつけっ放しで就寝することのないように気をつけ、特にお年寄りや子供たちに気を配りたいですね。

冬の節電 電力各社削減要求 夏より長い

冬も4社が不足懸念 関電は10%節電要請検討

<冬の節電>12月19日から約3カ月、夏より1時間長く 関電、広域連合調整


など冬向けの節電関連ニュースが出ています。

関西電力圏内は少なくとも10%の電力消費の削減が必要とされ、その期間は夏季より長い時間となっているようです。
電力会社では東北はもちろんですが、九州・四国も供給が厳しい見通しで、節電要請はほぼ確実となっているようです。

私たちが家庭で節電することはもちろん歩むべき道なのですが、原発依存の高かった西日本では特に再稼動に障害も多く、電力不足は止むを得ないところでしょう。

冬は部屋の密閉や家族が集まるなどアナログな方法でも節電が可能です。
週一で冬の節電デーを作って家族が集まるなんていうのも良いかもしれませんね。

夏場の節電風潮でもありましたが、体に負担を与えるようなことの無い様に気をつけましょうね。

あと節電目的の部屋の密閉はいいのですが、冬に暖房器具を使用するときは酸素濃度にも注意しましょうね。
特に石油ストーブなどは一酸化炭素中毒の危険性もあるので換気はシッカリお願いします。




冬の定番グッズと女性向け厚着アイテム「ハラパン」とは

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
冬向け節電グッズ 冬の定番グッズと女性向け厚着アイテム「ハラパン」とは


冬向けの節電としてまずあるのが厚着ですよね。

夏は脱ぐのにも限度がありますが、冬は格好さえ気にしなければたくさん着れば何とかなる部分もあります。
となると、女子の望むものはよりオシャレに厚着するって事になるのは当然の事です。

言い換えれば「オシャレな節電」、「カッコイイエコ」みたいなことでしょうか?


カッコイイエコとかお洒落な節電みたいなことの賛否は置いといて、冬向けの厚着ファッションにも色々ありますよね。

例えばマフラー、一つにしても素材が綿とか起毛とかからダカラどう暖かいかすぐわからないようなマイクロファイバーだとか、きれいなモデルさんの写真でイヤーウォーマー、ネックウォーマー、レッグウォーマー、デザイン重視で正直何目的かって物もあります。


話がそれましたね。

冬向けの節電を考えるにあたってお洒落に体を温めるって事は大切です。

例えばダイエットするときぐらいにしか気にしませんが、基礎代謝を考えて食生活を改善し体調管理し体質改善する事でも節電はできますよね。

冬向けに厚着で節電の前に、個人的には体質改善して冷えないからだ作りするのが最もエコなのではないかと思っています。

まあそれもこの秋から冬、間に合わないかもしれませんので、お題にもある「ハラパン」に話を戻しましょう。


ハラパンは2006年頃から販売されているらしいのですが、言ってみれば腹まで伸びている毛糸のパンツって事になるかと思います。

個人的にはエアコンなどでお腹が冷えやすい私などは、夏場でも需要の高いハラパンで、やはり男子にも需要があるようです。


ハラパンの販売元は大手メーカー「ワコール」で、研究熱心さや品質など信頼の置けるメーカーです。

ハラパンの販売は年々増え、デザインなどのラインナップも増えているので女性の冬向けグッズとしては一定の地位が既にあるようにも思えます。


2009年にはルームウェアのシークレットキャンディでも販売され好評のようですよ。



冬に向けての節電 暖房器具 省エネグッズの節電効果と電気代2

冬向の節電 暖房器具 省エネグッズの節電効果と電気代2


前記事の続きで暖房器具の電気代と消費電力についてです。

エアコンの消費電力については検証できたでしょうか?


500wのこたつの平均電気代が3~4円程度と言われていますので、一人暮らしでもヒーター類は節電とは程遠い消費電力と言えるのではと思います。

これはCO2排出量で見ても倍以上の数値です。


冬に向けてTVなどでも石油ストーブでの節電が取り上げられることもありますが、燃料費やCO2ベースでの省エネエコの観点から見るとそうでもありません。

ちなみに石油ストーブと電気ヒーター類を比較した場合ですが、電気代22円kwh、灯油1斗18Lが1500円仮定とすると燃料費とCO2排出量は平均値でほぼ同じぐらいです。

もちろん石油ストーブは発生する熱で湯を沸かしたり調理に使ったり、暖房以外に利用方法がある物なので、災害時や停電時には活用方法が増える点を考慮に入れるべきでしょうね。

部屋のスペースや新たに買うというコストの面で融通が利くのであれば有力な選択肢の一つとなるでしょう。


冬向けの暖房器具、節電に話を戻しましょう。


個人であったり、家庭でダイニングに使ったりなど状況や環境で選択肢は変わりますが、電気代から見るとヒーター類は電気代も高く、大きなスペースを暖めるには無駄も出ると言えるかもしれません。

ダイニングでも個別にあんかや電気膝掛けを使用するなどすると、2畳以上の電気毛布や2人以上が温まるヒーター類を使用するより省エネになるように思われます。


東日本大震災があり、夏場の節電が大口需要中心に制限つきで注目されましたが、家庭での節電、省エネエコに関しては、冬こそ必要があります。

何故冬かというと、家庭に当たり前に付けられているエアコンは、冷房より暖房のほうが遥かに消費電力が多いからです。
こまかい数値やエアコンのシステムについては又後日取り上げようと思いますが、冷房1に対して暖房は1.6~2以上の電力消費、つまりは電気代が高いと言われています。


冬に向けての節電省エネについて、お互い益々がんばって情報収集しましょう。

冬に向けての節電 暖房器具 省エネグッズの節電効果と電気代

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
冬に向けての節電 暖房器具 省エネグッズの節電効果と電気代



冬に向けて 節電グッズや省エネエコ家電など取り上げてきましたが、今日はそういったエコ家電や省エネグッズが実際に消費する電気量・電気代に注目してみたいと思います。

たとえば前回取り上げたリユース湯たんぽにしても、電気毛布(これは又後日取り上げます)などに比べて電気代が抑えられますが、IHなどの電気調理器によって湯を沸かすとするとそこに電気代が発生します。


*更に言えばガスで沸かしたとしても、CO2排出していると言う点でどれほどエコなのかと詳細なデータが必要になりますし、まず「厚着」すると、、など派生して検証することは多岐にわたりますが。


冬向けに家電等で節電することに話を戻しましょう。


まず電気膝掛け、電気あんかなどの電気代は消費ワット数や強弱の設定にもよりますが、1時間あたりの消費電気代は0.2円~0.8円。

寒さを和らげる程度のエコを気にした使用状態であればMAX0.5円程度に抑えられると思われます。

2畳程度の電気カーペットや一人用のセラミックヒーター、ハロゲンヒーターなどはおおむね2.5円~8円程度でしょうか。

強弱設定のある個人向けヒーター・カーペットは弱設定なら4円程度のものもありますが、ワット数が変わっても消費電力量が変わらないものも多く、ざっくりまとめると「セラミックヒーター」「オイルヒーター」「赤外線カーボンヒーター」など「ヒーター」と名の付くものは10~20円以上の消費電力のものが殆どと考えていいようです。


暖房の電気代や省エネ効果を対比するにはエアコンの消費電力量がわからなければならないのですが、これは過程で使用している機種や地域、設置している環境(部屋の広さや室外機の環境など)必要なデータが多種になるので、まずご家庭で観測してみることをお勧めします。

まず機種の消費電力量ですが、説明書などに期間消費電力などの項目があるので参考にしてください。

そうしなくてもエアコンを入れて同じ設定温度、時間帯など、環境を同じ状態にしておいて1時間あたりのメーター数値を確認すればおおよそわかります。
家族などがいるなら他の家電(PCやレンジ、ドライヤーなど)の稼動がなるべくない時間帯がいいでしょう。

エアコン稼動だけに変化が起きる時間帯にメーターが何kwh動くか比べてみてください。

数回やって平均値を取るのがよりいいでしょうね。

消費電力量kwhがわかれば電気料金単価と照らし合わせてみてください。

おおむねの数値なら22kwh、明細などに電力量消費10~120kwh 00円00銭などと表記があるので見てみましょう。管轄電力会社に電話したりHPでもわかりますよ。


お試しください。



冬向けの省エネエコグッズ 湯たんぽ

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
冬向けの省エネ 節電暖房?グッズ 湯たんぽ


今日は冬向けの節電エコグッズとして「湯たんぽ」を取り上げようと思います。

湯たんぽは暖房器具ではありませんが(暖房は室温を上げる事が基本なので)、体を温め暖房器具による消費電力を抑えるという点で近年冬の省エネグッズとして益々注目されています。

湯たんぽの長所は、まず暖房器具のように部屋を乾燥させないという事が上げられるでしょう。

冬場は季節的に乾燥するだけでなく、暖房器具で乾燥し、それを潤わせるため加湿器を使うなど、高度資本主義経済的な電力消費スパイラルに陥りがちですが、湯たんぽは湯を沸かす時点から部屋の湿度も上げてくれるので一石二鳥ですよね。

すぐ温まる事で重宝がられるセラミックヒーターも、電磁波による悪影響を主張する人がいたり、エアコンより電気代が安いとするケースもありますが、単身世帯でなければ数台必要になるかもしれません。


湯たんぽが就寝時に効果的なポイントは他にもあります。

暖かさが体に伝わりやすく、負担も少ない点です。湯たんぽは各社から出ており、昔懐かしい金属製や陶器製の物、PVC(弾性プラスチック)など、それぞれ長短ありますが、高すぎない温度と就寝に合わせて次第に下がっていく温度は、電気毛布のような「暑くて目が覚めた」「寝汗をかいて風邪をひいた」などの不安が非常に少ないと言えるでしょう。


湯たんぽのバリエーションとしては「レンジで暖められる湯たんぽ」と言うものもありますが、電磁調理器は部分的に加熱が集まりやすい特性から回収されているリコール商品などもありますので注意が必要です。


又、湯たんぽの短所とも言えなくはないですが、使用には注意も必要です。何しろ熱湯を使うので、給水口の閉め方が甘かったりで漏れて火傷したりといった不注意によって起きる事故もなくならないので、お子様に使用する場合は特に注意が必要です。

最近ではそういった扱い難さに注目した商品もあり、立たせたままでカバーをかけてお湯といったものもあるようです。


最近見かけた湯たんぽの中にはPVCの特性を生かしてバラエティー豊かなデザインのものが多くありますが、その中でも特に目立ったのが省エネ先進国ドイツで湯たんぽシェアの半分を占めると言われる「fashyファシー社」の湯たんぽで、そのラインナップの中にはフェイクファーのものやぬいぐるみ状のものもあり、毎年登場する流行に合わせたニューデザインも子供や女性に大人気のようです。

冬に向けての省エネグッズ「湯たんぽ」は、冬のファッションやインテリアとしても活躍するかもしれませんね。


女性向け節電グッズ 冬に向けても欲しい「ひとめぼれターバン」

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
女性向け節電グッズ 冬に向けても欲しい ひとめぼれターバン



企業等大口顧客に課せられていた15%の電力使用量削減など夏の電力使用制限令が終わりましたが、今回節電効果の高かった施策「サマータイム」や「休日シフト」「照明の工夫」「エアコン設定温度」など、冬に起こるかもしれない制限令への対策としても継続的に取り入れる方向で検討している企業・団体も多いと聞きます。

私たちも家庭でできる節電をより一層心がけ、省エネエコ生活を進化させ、原子力発電から脱却できるべく微力ながら楽しみつつ頑張っていきましょう。


今日は女性向け節電グッズをご紹介したいと思います。


アイディア商品と呼ばれるものは100円均一店に多くありますが、その中に節電グッズと捉えられる物も多くあります。

ひとめぼれターバン」と呼ばれる商品もその一つと言えるかもしれません。


ひとめぼれターバンは、洗髪後の髪を袋状に絞られたタオル地の物で包む事で水分を吸収し、ドライヤーを使わずに髪の毛を乾かすというものです。

ドライヤーを使わない事での節電という事ですね。

個人的にはわざわざひとめぼれターバンを購入しなくても、まとものに吸水できるタオルでいいのではないかと思うのですが(私は風呂上りにはいつもタオルをターバン状に巻いて過ごしているので)、、

レビューなど拝見した感じでは、このひとめぼれターバン。値段の割には吸水性が高く、髪の毛がまとまりやすく、やはり普通のタオルで巻くよりは手軽だというあたりが長所のようです。

吸水性の高いタオルは値段も高いですしね。ちゃんと柔軟剤を使ったりすれば安いタオルでも結構いい感じになったりもするんですが。

ひとめぼれターバンの短所は、ややサイズが小さく薄手だと言う意見もあります。

つまりロングヘアーの方はひとめぼれターバン一つでは水分を吸収しきれないという事のようです。

この点は値段も安いので数個買えばよいでしょう。毎日使うものなので洗濯のローテーションなど考えても一つでは賄えないのではないでしょうか。

洗髪後に使うから汚れないと思う人がいるようですが、風呂上りのバスタオルなども雑菌が発生するので、なるべく毎日洗ってよく乾燥させたほうがいいですよ。


ひとめぼれターバン乾燥する冬に向けても女性にうってつけの節電グッズではないでしょうか?

もともとドライヤーで乾かすのは髪の水分を必要以上に飛ばしてしまいますし、冬は当然空気自体が乾燥しているので静電気も発生しやすく、髪のほつれも起きやすいですよね。

ドライヤーを使わないで省エネするという意味では、タオル乾燥からでもこれまでやったことのない人は試してみて試行錯誤してみてはいかがでしょうか?


ひとめぼれターバンは、TV番組「お願いランキング」でも紹介された「キャンドゥ」の商品です。


冬向け節電グッズ リユースできる(使い捨てない)エコカイロ

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
節電グッズ 冬用 リユースエコカイロ 


計画停電や大型停電が心配され、生活に影響を与えた夏が過ぎ去っていきます。しかし東日本大震災の復興は未だ始まったばかりで、私たち一般家庭の節電とエコ・省エネ生活のルーチン化は、ますます洗練していかなければなりません。

私たち家庭でできる節電エコ生活はささやかな活動に見えますが、社会そのものの根底であり、時に大きな流れを生み出す小さな波紋の始まりでもあります。



本日は、これから冬に向けての節電グッズと言うことで、「カイロ」を取り上げてみたいと思います。


カイロとは、鉄が酸化鉄になる化学反応を利用した製品で、空気中の酸素と鉄が反応した時に生まれる熱にって成り立っています。

最もなじみのあるカイロは、この化学反応を起こす成分「鉄粉」「水・塩類」「活性炭」「保水剤(バーミキュライト等)」がブレンド配合され、発熱時間や温度を調整しているそうです。
カイロ工業会HP参考



冬の定番使い捨てカイロは皆さんお馴染みですが、最近ではリユースできる(使い捨てない)エコカイロなるものがあるのはご存知でしょうか?


リユースカイロの成分は酢酸ナトリウム水溶液を主としているようです。

使用前のリユースカイロは飽和状態の過冷却水溶液で、PVC内に酢酸ナトリウム水溶液と同封されている金属片を外部から刺激することで水溶液が結晶化し始め、その結晶化の際に発生する熱を利用するようです(詳しく知りたい方はググって見てくださいね)。


リユースカイロの長所は勿論何度も使えること。そしてデザインがスマートで可愛らしい物が販売されているところでしょうか?

特に売れているリユースカイロはハート型のもので、外出時手元にあっても女性ならアクセサリーとしても抵抗が少ないかもしれませんね。

リユースカイロは他にも「ガチャピン」や「バーバパパ」、「やきいも」や「たいやき」なんてものもあるようです。素材がPVCなのでこれから様々なパッケージデザインのものが販売される可能性がありますね。


リユースカイロの短所は、まず発熱時間でしょうか。

現在販売されている商品はおおむね1時間程度で発熱効果が失われるようで、もう一度使うためには沸騰程度の熱湯で10~20分加熱しなければならないので、外出時にこれ一つでは用を足せないケースが多そうです。


リユースできるエコカイロは、冬向けの節電グッズとしてまだまだ改善の余地がありそうですね。


節電グッズ 夏冬兼用 窓の断熱編 断熱フィルム・シート

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
節電グッズ 夏冬兼用 窓の断熱編 断熱フィルム・シート


今日はこれから冬に向けても使える節電グッズ、断熱フィルム・シートと断熱シリコンコーティングスプレーを考察してみたいと思います。


断熱フィルム・シートは既に各種販売され、多く方がこの夏冷房費削減の節電対策として使用された方も多いのではないでしょうか?
断熱フィルムは窓の内外に張るタイプのものや、カーテンレール等に取り付けるタイプ、物干しなどにぶら下げるタイプなど様々あり、ご家庭の環境に合わせて選ぶ必要があります。

冷房効果、又これから冬の暖房効果を高めるには、窓に貼り付けて視界を遮る様に使用したほうがよりよい製品も多く、評価が分かれるところでしょう。

実際の節電効果としては部屋の向きや、普段の設定温度にもよるので消費電力が何%と一概には言えませんが、一般的に2~4度の抑制効果があると言われ、1度の設定温度で10%の消費電力が抑えられると言われていますので、省エネ効果は十分にあると言えるでしょう。

あまり知られていないかもしれないのですが、断熱シリコンコーティングスプレーと言うものもあります。

断熱シリコンコーティングスプレーはその名の通り、窓にスプレーしてシリコン膜の層を作り、ガラスを通して伝わる熱を60~70%に抑えるというグッズです。
冬の暖房時には、窓から逃げる熱を20~40%抑え、入ってくる冷気を伝わりにくくして暖房効率をアップ、夏冬兼用でエアコンの節電効果を高めるとの事です。


レビューを見るとそれぞれの日照度合いや塗る厚みなどもあるでしょうし、効果のほどはわかりませんが、効果は1ヶ月持続するようで、コーティングすることによって汚れもつきにくくなるようなので、試してみる価値はあるかもしれません。

一般的に家庭消費電力の内家電消費でTOPになるのはエアコンですので、色々な商品を試してみてそれぞれご家庭にあったものを選別する必要があるでしょうね。

まぁ、家庭でエアコンの消費電力を抑えるには、とりあえず家族が一箇所に集まって何台ものエアコンを使わないようにするのが大前提とも思いますが。


節電エコ家電と節約1 洗濯乾燥機

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
節電エコ家電と節約1 洗濯乾燥機


本日はたまたま見かけた節電洗濯機をご紹介し、国内の洗濯乾燥機事情についてお話したいと思います。

その節電洗濯機はイギリスRussell Hobbs社のもので、7kgの洗濯が12分で完了し、同等の洗濯機と比べても使用量水量が15%少く、洗濯にかかる時間が短いので、一回の洗濯に必要な消費電力は30%も少なくなるというのです。

ちなみに日本製洗濯機の最速洗濯時間は、10kgの洗濯物で約35分という事です。

この最速洗濯を実現しているのは、洗剤と水を二本のジェット水流で同時に吹き付ける機能なのですが、同様の機能を採用している日本の洗濯機があります。

それは日立の洗濯乾燥機BW-D9MVの機能「エコピート洗浄」で、更に「eco水センサー」という機能を使う事によって洗濯一回あたりの消費電力量・洗剤量・使用水量を最大9%節約する事ができると説明されています。


日本国内の洗濯乾燥機で省エネ・節水NO.1と言われているのはPanasonicのNA-VT8000L/Rでしょう。

この洗濯機にはエコウォッシュシステムと呼ばれる省エネ機能が付いており、洗濯時間は約35分となっています。
エコウォッシュが優れているのは、使用電力量・水量の無駄を感知して、自動的に節約する機能がある事です。

具体的には、汚れの度合いや洗濯の量をセンサーで判断して運転時間や水量を調節すると言うものです。
このエコナビ運転中には、最大約10%消費電力量の削減と最大約7%の使用水量の削減を達成できるとされています。


イギリスRussell Hobbs社の洗濯機に比べ、節電節約機能はやや劣ると思われる方もいるかもしれませんが、この30%などの数値は当社比であったりあくまで対象との差なので、言ってみれば元々性能の良い日本製の洗濯機が、更に10%など継続的に電力使用量を削減し続けている事の凄さは言うまでもない事ではないでしょうか。


今ある洗濯機での節電と言う意味では、まず乾燥が消費電力を増やしている事を認識しておきましょう。

日本の洗濯機2011年1月調べでの洗濯時の消費電力量(Wh)は、
全自動洗濯機で >  47~ 150Wh
洗濯乾燥機で   > 690~2450Wh  の消費電力となっています。

ちなみに洗濯乾燥機は上記でご紹介したパナソニックのエコナビ搭載機がTOPで、しかも前型のVX7000
東芝の「ZABOON」と日立の「ヒートサイクル風アイロン ビッグドラム」は1000wh以内で、それ以外の洗濯乾燥機は消費電力量が1750wh以上となっています。

つまり乾燥機をなるべく使わないようにすれば、飛躍的に節電できると言う事はあきらかですよね。

皆さん、それぞれの環境で乾燥時間を減らすを工夫してみませんか?




  • ライブドアブログ