家庭の節電対策 エコ宣言

家庭での節電省エネルギー対策、節電省エネ簡単エコグッズ、節電プレゼントなどご紹介と、節電省エネ対策・グッズの効果アプリ、省エネ節電関連ブログなども連携し、機械が苦手な主婦層等の方々にもわかりやすく解説していきます。

冬に向けての節電

経済産業省 「家庭向け今冬の電力需給対策について」

11月始めに経済産業省で行われたエネルギー・環境会議/電力需給に関する検討会合において取りまとめられた「今冬の電力需給対策について」



今冬に向けての電力需給対策は、家庭向け事業向けがそれぞれ別々にPDFでまとめられて公表されています。

家庭の節電については、関西電力管内では12月19日より、平日の9時から21時に10%以上の節電九州電力管内では同日より平日8時から21時に5%以上の節電目標を設定しています。

その他電力会社の管内では数値目標無しの節電を呼びかける形となっています。


数値目標有の節電が行われる時間帯は、冬季平日の家庭内で特に電力需要が大きくなる時間帯で、企業の電力需要が下がりきらない時間帯でもあり、総電力需要が最も高くなる時間帯です。


その中で家庭の消費電力を特に上げている電化製品3種類で総消費電力の半分ほどになります。
その電気製品はまずエアコン・照明・冷蔵庫で、石油ストーブを使用している家庭では次にテレビとなっています。

特にエアコンは単体で家庭の総消費電力の30%を占めている事は、当ブログを閲覧されている方など、既に多くの方がご存知になっていることだと思います。

これは逆に、エアコンの消費電力を抑えることができれば、家庭の消費電力、又関西九州電力管内にお住まいの方が目標とされている節電数値をシンプルでストレスも抑えてクリアしやすいという事になるのではないでしょうか。


ただ注意したいのは、エアコンの代わりにハロゲンヒーターや電気カーペットなどの電気製品を使用する場合、逆に総消費電力を増やす場合もあるので、それぞれの暖房器具に示されている消費電力から換算しましょう。

消費電力あたりの電気代を計算してくれるサイトもあり、わかりやすいので一度ググッてみてはいかがでしょうか。


経済産業省の家庭向けPDF「今冬の電力需給対策について」には冬場に家庭で節電するための基本的で具体的な対策がパーセンテージ付きで紹介もされています。

冬に向けての節電対策を気にしている家庭の主婦や、女性の方からすればあまりに基本的な方法なのですが、取りこぼしのない様に振り返りチェックするのも良いのではと思います。



最後に、
夏場もありましたが健康や命の安全を脅かすような節電をする必要はありません。
知識とノウハウを持っている人が率先して節電しましょう。

冬場は暖房器具による一酸化炭素中毒などのリスクがありますので、換気を心がけましょうね。

*頭がボーっとしたりだるくなったり、又石油ストーブなどつけっ放しで就寝することのないように気をつけ、特にお年寄りや子供たちに気を配りたいですね。

女性向け節電グッズ 冬に向けても欲しい「ひとめぼれターバン」

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
女性向け節電グッズ 冬に向けても欲しい ひとめぼれターバン



企業等大口顧客に課せられていた15%の電力使用量削減など夏の電力使用制限令が終わりましたが、今回節電効果の高かった施策「サマータイム」や「休日シフト」「照明の工夫」「エアコン設定温度」など、冬に起こるかもしれない制限令への対策としても継続的に取り入れる方向で検討している企業・団体も多いと聞きます。

私たちも家庭でできる節電をより一層心がけ、省エネエコ生活を進化させ、原子力発電から脱却できるべく微力ながら楽しみつつ頑張っていきましょう。


今日は女性向け節電グッズをご紹介したいと思います。


アイディア商品と呼ばれるものは100円均一店に多くありますが、その中に節電グッズと捉えられる物も多くあります。

ひとめぼれターバン」と呼ばれる商品もその一つと言えるかもしれません。


ひとめぼれターバンは、洗髪後の髪を袋状に絞られたタオル地の物で包む事で水分を吸収し、ドライヤーを使わずに髪の毛を乾かすというものです。

ドライヤーを使わない事での節電という事ですね。

個人的にはわざわざひとめぼれターバンを購入しなくても、まとものに吸水できるタオルでいいのではないかと思うのですが(私は風呂上りにはいつもタオルをターバン状に巻いて過ごしているので)、、

レビューなど拝見した感じでは、このひとめぼれターバン。値段の割には吸水性が高く、髪の毛がまとまりやすく、やはり普通のタオルで巻くよりは手軽だというあたりが長所のようです。

吸水性の高いタオルは値段も高いですしね。ちゃんと柔軟剤を使ったりすれば安いタオルでも結構いい感じになったりもするんですが。

ひとめぼれターバンの短所は、ややサイズが小さく薄手だと言う意見もあります。

つまりロングヘアーの方はひとめぼれターバン一つでは水分を吸収しきれないという事のようです。

この点は値段も安いので数個買えばよいでしょう。毎日使うものなので洗濯のローテーションなど考えても一つでは賄えないのではないでしょうか。

洗髪後に使うから汚れないと思う人がいるようですが、風呂上りのバスタオルなども雑菌が発生するので、なるべく毎日洗ってよく乾燥させたほうがいいですよ。


ひとめぼれターバン乾燥する冬に向けても女性にうってつけの節電グッズではないでしょうか?

もともとドライヤーで乾かすのは髪の水分を必要以上に飛ばしてしまいますし、冬は当然空気自体が乾燥しているので静電気も発生しやすく、髪のほつれも起きやすいですよね。

ドライヤーを使わないで省エネするという意味では、タオル乾燥からでもこれまでやったことのない人は試してみて試行錯誤してみてはいかがでしょうか?


ひとめぼれターバンは、TV番組「お願いランキング」でも紹介された「キャンドゥ」の商品です。




  • ライブドアブログ