家庭の節電対策 エコ宣言

家庭での節電省エネルギー対策、節電省エネ簡単エコグッズ、節電プレゼントなどご紹介と、節電省エネ対策・グッズの効果アプリ、省エネ節電関連ブログなども連携し、機械が苦手な主婦層等の方々にもわかりやすく解説していきます。

冬の節電

経済産業省 「家庭向け今冬の電力需給対策について」

11月始めに経済産業省で行われたエネルギー・環境会議/電力需給に関する検討会合において取りまとめられた「今冬の電力需給対策について」



今冬に向けての電力需給対策は、家庭向け事業向けがそれぞれ別々にPDFでまとめられて公表されています。

家庭の節電については、関西電力管内では12月19日より、平日の9時から21時に10%以上の節電九州電力管内では同日より平日8時から21時に5%以上の節電目標を設定しています。

その他電力会社の管内では数値目標無しの節電を呼びかける形となっています。


数値目標有の節電が行われる時間帯は、冬季平日の家庭内で特に電力需要が大きくなる時間帯で、企業の電力需要が下がりきらない時間帯でもあり、総電力需要が最も高くなる時間帯です。


その中で家庭の消費電力を特に上げている電化製品3種類で総消費電力の半分ほどになります。
その電気製品はまずエアコン・照明・冷蔵庫で、石油ストーブを使用している家庭では次にテレビとなっています。

特にエアコンは単体で家庭の総消費電力の30%を占めている事は、当ブログを閲覧されている方など、既に多くの方がご存知になっていることだと思います。

これは逆に、エアコンの消費電力を抑えることができれば、家庭の消費電力、又関西九州電力管内にお住まいの方が目標とされている節電数値をシンプルでストレスも抑えてクリアしやすいという事になるのではないでしょうか。


ただ注意したいのは、エアコンの代わりにハロゲンヒーターや電気カーペットなどの電気製品を使用する場合、逆に総消費電力を増やす場合もあるので、それぞれの暖房器具に示されている消費電力から換算しましょう。

消費電力あたりの電気代を計算してくれるサイトもあり、わかりやすいので一度ググッてみてはいかがでしょうか。


経済産業省の家庭向けPDF「今冬の電力需給対策について」には冬場に家庭で節電するための基本的で具体的な対策がパーセンテージ付きで紹介もされています。

冬に向けての節電対策を気にしている家庭の主婦や、女性の方からすればあまりに基本的な方法なのですが、取りこぼしのない様に振り返りチェックするのも良いのではと思います。



最後に、
夏場もありましたが健康や命の安全を脅かすような節電をする必要はありません。
知識とノウハウを持っている人が率先して節電しましょう。

冬場は暖房器具による一酸化炭素中毒などのリスクがありますので、換気を心がけましょうね。

*頭がボーっとしたりだるくなったり、又石油ストーブなどつけっ放しで就寝することのないように気をつけ、特にお年寄りや子供たちに気を配りたいですね。

冬の節電 電力各社削減要求 夏より長い

冬も4社が不足懸念 関電は10%節電要請検討

<冬の節電>12月19日から約3カ月、夏より1時間長く 関電、広域連合調整


など冬向けの節電関連ニュースが出ています。

関西電力圏内は少なくとも10%の電力消費の削減が必要とされ、その期間は夏季より長い時間となっているようです。
電力会社では東北はもちろんですが、九州・四国も供給が厳しい見通しで、節電要請はほぼ確実となっているようです。

私たちが家庭で節電することはもちろん歩むべき道なのですが、原発依存の高かった西日本では特に再稼動に障害も多く、電力不足は止むを得ないところでしょう。

冬は部屋の密閉や家族が集まるなどアナログな方法でも節電が可能です。
週一で冬の節電デーを作って家族が集まるなんていうのも良いかもしれませんね。

夏場の節電風潮でもありましたが、体に負担を与えるようなことの無い様に気をつけましょうね。

あと節電目的の部屋の密閉はいいのですが、冬に暖房器具を使用するときは酸素濃度にも注意しましょうね。
特に石油ストーブなどは一酸化炭素中毒の危険性もあるので換気はシッカリお願いします。




冬に向けての節電 暖房器具 省エネグッズの節電効果と電気代

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
冬に向けての節電 暖房器具 省エネグッズの節電効果と電気代



冬に向けて 節電グッズや省エネエコ家電など取り上げてきましたが、今日はそういったエコ家電や省エネグッズが実際に消費する電気量・電気代に注目してみたいと思います。

たとえば前回取り上げたリユース湯たんぽにしても、電気毛布(これは又後日取り上げます)などに比べて電気代が抑えられますが、IHなどの電気調理器によって湯を沸かすとするとそこに電気代が発生します。


*更に言えばガスで沸かしたとしても、CO2排出していると言う点でどれほどエコなのかと詳細なデータが必要になりますし、まず「厚着」すると、、など派生して検証することは多岐にわたりますが。


冬向けに家電等で節電することに話を戻しましょう。


まず電気膝掛け、電気あんかなどの電気代は消費ワット数や強弱の設定にもよりますが、1時間あたりの消費電気代は0.2円~0.8円。

寒さを和らげる程度のエコを気にした使用状態であればMAX0.5円程度に抑えられると思われます。

2畳程度の電気カーペットや一人用のセラミックヒーター、ハロゲンヒーターなどはおおむね2.5円~8円程度でしょうか。

強弱設定のある個人向けヒーター・カーペットは弱設定なら4円程度のものもありますが、ワット数が変わっても消費電力量が変わらないものも多く、ざっくりまとめると「セラミックヒーター」「オイルヒーター」「赤外線カーボンヒーター」など「ヒーター」と名の付くものは10~20円以上の消費電力のものが殆どと考えていいようです。


暖房の電気代や省エネ効果を対比するにはエアコンの消費電力量がわからなければならないのですが、これは過程で使用している機種や地域、設置している環境(部屋の広さや室外機の環境など)必要なデータが多種になるので、まずご家庭で観測してみることをお勧めします。

まず機種の消費電力量ですが、説明書などに期間消費電力などの項目があるので参考にしてください。

そうしなくてもエアコンを入れて同じ設定温度、時間帯など、環境を同じ状態にしておいて1時間あたりのメーター数値を確認すればおおよそわかります。
家族などがいるなら他の家電(PCやレンジ、ドライヤーなど)の稼動がなるべくない時間帯がいいでしょう。

エアコン稼動だけに変化が起きる時間帯にメーターが何kwh動くか比べてみてください。

数回やって平均値を取るのがよりいいでしょうね。

消費電力量kwhがわかれば電気料金単価と照らし合わせてみてください。

おおむねの数値なら22kwh、明細などに電力量消費10~120kwh 00円00銭などと表記があるので見てみましょう。管轄電力会社に電話したりHPでもわかりますよ。


お試しください。



冬向けの省エネエコグッズ 湯たんぽ

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
冬向けの省エネ 節電暖房?グッズ 湯たんぽ


今日は冬向けの節電エコグッズとして「湯たんぽ」を取り上げようと思います。

湯たんぽは暖房器具ではありませんが(暖房は室温を上げる事が基本なので)、体を温め暖房器具による消費電力を抑えるという点で近年冬の省エネグッズとして益々注目されています。

湯たんぽの長所は、まず暖房器具のように部屋を乾燥させないという事が上げられるでしょう。

冬場は季節的に乾燥するだけでなく、暖房器具で乾燥し、それを潤わせるため加湿器を使うなど、高度資本主義経済的な電力消費スパイラルに陥りがちですが、湯たんぽは湯を沸かす時点から部屋の湿度も上げてくれるので一石二鳥ですよね。

すぐ温まる事で重宝がられるセラミックヒーターも、電磁波による悪影響を主張する人がいたり、エアコンより電気代が安いとするケースもありますが、単身世帯でなければ数台必要になるかもしれません。


湯たんぽが就寝時に効果的なポイントは他にもあります。

暖かさが体に伝わりやすく、負担も少ない点です。湯たんぽは各社から出ており、昔懐かしい金属製や陶器製の物、PVC(弾性プラスチック)など、それぞれ長短ありますが、高すぎない温度と就寝に合わせて次第に下がっていく温度は、電気毛布のような「暑くて目が覚めた」「寝汗をかいて風邪をひいた」などの不安が非常に少ないと言えるでしょう。


湯たんぽのバリエーションとしては「レンジで暖められる湯たんぽ」と言うものもありますが、電磁調理器は部分的に加熱が集まりやすい特性から回収されているリコール商品などもありますので注意が必要です。


又、湯たんぽの短所とも言えなくはないですが、使用には注意も必要です。何しろ熱湯を使うので、給水口の閉め方が甘かったりで漏れて火傷したりといった不注意によって起きる事故もなくならないので、お子様に使用する場合は特に注意が必要です。

最近ではそういった扱い難さに注目した商品もあり、立たせたままでカバーをかけてお湯といったものもあるようです。


最近見かけた湯たんぽの中にはPVCの特性を生かしてバラエティー豊かなデザインのものが多くありますが、その中でも特に目立ったのが省エネ先進国ドイツで湯たんぽシェアの半分を占めると言われる「fashyファシー社」の湯たんぽで、そのラインナップの中にはフェイクファーのものやぬいぐるみ状のものもあり、毎年登場する流行に合わせたニューデザインも子供や女性に大人気のようです。

冬に向けての省エネグッズ「湯たんぽ」は、冬のファッションやインテリアとしても活躍するかもしれませんね。


冬向け節電グッズ リユースできる(使い捨てない)エコカイロ

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
節電グッズ 冬用 リユースエコカイロ 


計画停電や大型停電が心配され、生活に影響を与えた夏が過ぎ去っていきます。しかし東日本大震災の復興は未だ始まったばかりで、私たち一般家庭の節電とエコ・省エネ生活のルーチン化は、ますます洗練していかなければなりません。

私たち家庭でできる節電エコ生活はささやかな活動に見えますが、社会そのものの根底であり、時に大きな流れを生み出す小さな波紋の始まりでもあります。



本日は、これから冬に向けての節電グッズと言うことで、「カイロ」を取り上げてみたいと思います。


カイロとは、鉄が酸化鉄になる化学反応を利用した製品で、空気中の酸素と鉄が反応した時に生まれる熱にって成り立っています。

最もなじみのあるカイロは、この化学反応を起こす成分「鉄粉」「水・塩類」「活性炭」「保水剤(バーミキュライト等)」がブレンド配合され、発熱時間や温度を調整しているそうです。
カイロ工業会HP参考



冬の定番使い捨てカイロは皆さんお馴染みですが、最近ではリユースできる(使い捨てない)エコカイロなるものがあるのはご存知でしょうか?


リユースカイロの成分は酢酸ナトリウム水溶液を主としているようです。

使用前のリユースカイロは飽和状態の過冷却水溶液で、PVC内に酢酸ナトリウム水溶液と同封されている金属片を外部から刺激することで水溶液が結晶化し始め、その結晶化の際に発生する熱を利用するようです(詳しく知りたい方はググって見てくださいね)。


リユースカイロの長所は勿論何度も使えること。そしてデザインがスマートで可愛らしい物が販売されているところでしょうか?

特に売れているリユースカイロはハート型のもので、外出時手元にあっても女性ならアクセサリーとしても抵抗が少ないかもしれませんね。

リユースカイロは他にも「ガチャピン」や「バーバパパ」、「やきいも」や「たいやき」なんてものもあるようです。素材がPVCなのでこれから様々なパッケージデザインのものが販売される可能性がありますね。


リユースカイロの短所は、まず発熱時間でしょうか。

現在販売されている商品はおおむね1時間程度で発熱効果が失われるようで、もう一度使うためには沸騰程度の熱湯で10~20分加熱しなければならないので、外出時にこれ一つでは用を足せないケースが多そうです。


リユースできるエコカイロは、冬向けの節電グッズとしてまだまだ改善の余地がありそうですね。


節電グッズ 夏冬兼用 窓の断熱編 断熱フィルム・シート

ブログネタ
家庭の節電省エネ対策 エコ宣言 に参加中!
節電グッズ 夏冬兼用 窓の断熱編 断熱フィルム・シート


今日はこれから冬に向けても使える節電グッズ、断熱フィルム・シートと断熱シリコンコーティングスプレーを考察してみたいと思います。


断熱フィルム・シートは既に各種販売され、多く方がこの夏冷房費削減の節電対策として使用された方も多いのではないでしょうか?
断熱フィルムは窓の内外に張るタイプのものや、カーテンレール等に取り付けるタイプ、物干しなどにぶら下げるタイプなど様々あり、ご家庭の環境に合わせて選ぶ必要があります。

冷房効果、又これから冬の暖房効果を高めるには、窓に貼り付けて視界を遮る様に使用したほうがよりよい製品も多く、評価が分かれるところでしょう。

実際の節電効果としては部屋の向きや、普段の設定温度にもよるので消費電力が何%と一概には言えませんが、一般的に2~4度の抑制効果があると言われ、1度の設定温度で10%の消費電力が抑えられると言われていますので、省エネ効果は十分にあると言えるでしょう。

あまり知られていないかもしれないのですが、断熱シリコンコーティングスプレーと言うものもあります。

断熱シリコンコーティングスプレーはその名の通り、窓にスプレーしてシリコン膜の層を作り、ガラスを通して伝わる熱を60~70%に抑えるというグッズです。
冬の暖房時には、窓から逃げる熱を20~40%抑え、入ってくる冷気を伝わりにくくして暖房効率をアップ、夏冬兼用でエアコンの節電効果を高めるとの事です。


レビューを見るとそれぞれの日照度合いや塗る厚みなどもあるでしょうし、効果のほどはわかりませんが、効果は1ヶ月持続するようで、コーティングすることによって汚れもつきにくくなるようなので、試してみる価値はあるかもしれません。

一般的に家庭消費電力の内家電消費でTOPになるのはエアコンですので、色々な商品を試してみてそれぞれご家庭にあったものを選別する必要があるでしょうね。

まぁ、家庭でエアコンの消費電力を抑えるには、とりあえず家族が一箇所に集まって何台ものエアコンを使わないようにするのが大前提とも思いますが。




  • ライブドアブログ